チーズナビ

フレッシュタイプのチーズとは

ナチュラルチーズもいくつかの種類に分類することができます。その中でも熟成させず、新鮮なまま食べるタイプをフレッシュタイプもしくは、非熟成タイプと呼びます。つまりできたてのチーズですね。

フレッシュタイプはその名前の通り、新鮮で熟成させないチーズで、どちらかというとヨーグルトにもよく似ていますね。ヨーグルトの場合はミルクを固めて作りますが、フレッシュタイプのチーズは水分を抜いたものになります。そのため、味わいなどもヨーグルトとよく似ています。

新鮮だけあって、ミルクの旨みをそのままに楽しむことができるのがフレッシュタイプのチーズの利点です。そのまま食べてもいいですが、フルーツと一緒に食べたり、ジャムなどをかけて食べるのも美味しいです。

ちなみにこのフレッシュタイプのチーズにクリームやミルクなどをさらに加えて作られたものがクリームチーズです。

フレッシュタイプは新鮮さが利点ですので、早めに食べてしまいましょう。保管する場合は冷蔵庫に入れてください。

ほのかな酸味とミルクの旨みはやみつきになりますよね。
フロマージュ・ブランやモッツァレッラなどがこのタイプのチーズになります。

フレッシュタイプのチーズ一覧を見る