チーズナビ

アッペンツェラー

名前 アッペンツェラー
読み あっぺんつぇらー
英語 Appenzeller
タイプ ハード&セミハード 原産地 スイス
原料乳    
 
 

アッペンツェラーはスイスの北東部にあるアッペンツェル地方が原産のセミハードタイプのチーズです。

伝統あるスイスのチーズの中でも特に長い歴史と伝統のあるチーズとして知られるアッペンツェラー。なんと西暦800年頃にはすでに製造されていたと言われています。その頃にはシャルルマーニュ大帝に好まれていたと言うチーズです。

そんなアッペンツェラーにも熟成の期間によってラベルが異なります。熟成の期間が3ヶ月から4ヶ月と比較的若いものは銀のラベル。熟成期間が4ヶ月から6ヶ月のものは金のラベル。

さらに熟成が進んで、6ヶ月以上経ったものは黒のラベルになります。熟成の期間によってやはり味わいも変わってきますが、全体的にスパイシーで強い香りがあります。

この独特の香りは製造の過程でワインなどにスパイスを加えて、表面を何度も磨くところからきています。その香りがやめられない・・・という人もいると思いますね。

そういう意味でもとても個性のあるチーズですが、アッペンツェラーが一番好きというファンが多いのも事実。その風味は一度は味わっていただきたいところですね。

アッペンツェラーはスライスしてそのまま食べても美味しいですし、黒コショウをかけて食べても美味しくいただけます。サラダにのせてもいいですよね。また、お酒との相性も抜群で、まさに大人のチーズといったところです。日本酒にも合いますので是非試してみてください。