チーズナビ

シャビシュー・デュ・ポワトー

名前 シャビシュー・デュ・ポワトー
読み しゃびしゅー・でゅ・ぽわとぅ
英語 Chabichou du Poitou
タイプ シェーブル 原産地 フランス
原料乳 山羊    
 
 

シャビシュー・デュ・ポワトーはフランスのポワトゥ地方が原産のシェーブルタイプのチーズです。シェーブルタイプは山羊の乳から作られるチーズのことで、シャビシュー・デュ・ポワトーの原料乳も山羊になります。

このチーズが誕生したのは8世紀のこと。アラビアからやってきた人達によってこのチーズのレシピが伝わったといわれています。名前のシャビシューはアラブ語で山羊という意味のシャブリに由来しています。

形は円錐形をしていますが、これは1990年にAOCを取得する際に統一されています。以前は様々な形のシャビシュー・デュ・ポワトーがありました。

わずかな酸味を感じながら、チーズの甘みを楽しむことができるバランスの良いチーズです。山羊のチーズの中では比較的食べやすいチーズと言えるでしょうね。