チーズナビ

スプリンツ

名前 スプリンツ
読み すぷりんつ
英語 Sbrinz
タイプ ハード&セミハード 原産地 スイス
原料乳    
 
 

スイス、中央スイスが原産のハードタイプのチーズです。長期熟成して作られるスプリンツは専用のかんなを使ってスライスします。専用のスライサーがない場合は、普通のスライサーを使っても上手にスライスできます。

ぺらぺらの紙のように薄くスライスされたスプリンツはサラダにちょっと乗せたり、そのまま食べても美味しいチーズです。

そんなスプリンツですが、その歴史は非常に古く、ローマ時代にはすでに存在していたと言われています。また、イタリアとの貿易でも人気だったようで、イタリアのワインなどがスプリンツと引き換えに入ってきたようです。

スプリンツの特徴の1つはその長い熟成期間。18ヶ月から3年間も熟成されます。20ヶ月もすぎるとカンナで削れるようになるといわれています。熟成期間の間に水分がとんで非常に固く仕上がります。

その長い熟成期間の間に旨みがチーズに凝縮され、旨みとコクが詰まっています。味わいについては、パルミジャーノ・レッジャーノに似ているという人もいるほどの美味しさです。

パルミジャーノ・レッジャーノは知っていても、スプリンツを知らなかった・・・という人もいると思いますが、是非味わってみてもらいたいですね。

薄く薄くスライスされたスプリンツを口に含むと、トロ〜リと溶けてなくなります。ミルクの香りを楽しみながら味わってみてください。きっとやめられなくなる旨さだと思います。