チーズナビ

ブリヤ・サヴァラン

名前 ブリヤ・サヴァラン
読み ぶりや・さばらん
英語 Brillat Savarin
タイプ フレッシュ 原産地 フランス
原料乳    
 
 

ブリヤ・サヴァラン(ブリア・サバラン)はフランスのノルマンディ地方やブルゴーニュ地方などが原産のフレッシュタイプのチーズです。

見た目はレアチーズケーキのようなブリヤ・サヴァランですが、まさに甘さを抜いたレアチーズケーキのような味わいです。さらに、ほのかな酸味があってさっぱりとした味わいも特徴です。

歴史も古そうなブリヤ・サヴァランですが、製造されるようになったのは比較的最近で1930年代のこと。パリに住むアンリ・アンドルーエという人物によって命名されました。その歴史は新しいですが、その美味しさから今では世界中で知られるようになりました。

このブリヤ・サヴァランのもとになっているのはエクセルシオールというチーズだったようですが、さらにそこにクリームを加えることで独特のとろけるような味を出しています。

フレッシュタイプのチーズは熟成させず、その新鮮さを楽しむチーズですが、早めに食べてしまうのがコツです。

クリーミーで口の中でとろけるようなブリヤ・サヴァランはクセになってしまう・・・という人も多いと思います。パンに塗っていただくのもちょっとした贅沢ですね。

さっぱりとしたチーズですから、白ワインや日本酒であれば、大吟醸などにも合うと思います。また、シャンパンなどと合わせて食べるのもいいですね。

お昼のおやつにコーヒーや紅茶と一緒にいただくのも最高ですね。