チーズナビ

ラクレット

名前 ラクレット
読み らくれっと
英語 Raclette
タイプ ハード&セミハード 原産地 スイス
原料乳    
 
 

ラクレットはスイスのヴァレ地方が原産のハードタイプのチーズです。ラクレットとは、フランス語で削るとか引っかくといった意味がありますが、このチーズは熱で溶かして暖めては削り取って食べる・・・というまさにその名前の通りの食べ方をします。

アルプスの少女ハイジにも同じように火で溶かしたチーズを削ってパンにつけるシーンがありましたが、まさにそれです。

暖めて溶かしたチーズをじゃがいもにつけて食べると、とても美味しいです。スイスの家庭料理にラクレットというものがありますが、このチーズを使った料理です。

食べ方は火で暖めて溶かし、それを削ってもいいですが、まずはスライスしておいてそれを溶かしてじゃがいもなどにかけて食べると最高です。トロ〜リとろけるラクレットがまたじゃがいもに良く合うのです。

勿論、そのまま食べても美味しいのですが、加熱することでラクレットの旨みをさらに引き出すことができるようになります。

ラクレットにもフランス産とスイス産がありますが、フランス産はくせのない味わいで、スイス産はクセになる風味でファンも多いです。あなたもハイジになったつもりでラクレットを食べてみませんか?

また、ラクレットオーブンで熱々のチーズをグリルして食べるのも最高です。じゃがいもにかけた時のあの旨みは他のチーズでは絶対に出ないかも知れませんね。